未分類

【新型コロナウィルス】フリーランス/個人事業主に対する休業補償のこと。少数派に対する扱いで見える政治家の意識。

投稿日:

中国で得体の知れない新しいウィルスが流行しているらしいと噂され始めてから数週間。あっという間に日本を含む各国に上陸、日本でも着々と感染者が増え、トイレットパーパーなどの買い占め騒動も勃発。あまりに展開が早すぎて、心が休まらない日々ですね。

今週からは多くの学校が休校になり、共働き家庭やシングル世帯では子どもの世話をどうするかという問題が大きくクローズアップされました。その後、毎度ながら後手後手ではありますが、子どもの休学に伴って仕事を休んだ保護者に対する休業補償が発表されましたが…

スポンサーリンク


フリーランスで働く身としては、まず気になったのはフリーランス/個人事業主に対する休業補償がどうなるのかということ。

きちんと税金を払っていても、何の保証もないことは分かっていて好きで選んだんでしょ?と言われがちなフリーランスという立場。やはり今回も最初はスルーされていましたね。その後、フリーランスはどうするんだという批判を受けて、ようやく政府が打ち出した対応は、所得補償という形の給付ではなく、貸し付けの保証。要は、苦しいなら借金できるようにしてあげるから、それで頑張って乗り切ってね、ということ。

私自身は子どもがいるわけではないし、そもそも日頃からクライアントとのやり取りもオンラインがほぼ100%なのでまだ直接的な影響は受けていません。でも、周囲の子どもがいたり仕事が軒並みキャンセルになっているフリーランス仲間を見ているととても他人事とは思えないし、不安定な立場であることを 日々 実感しているだけにいつそれが自分に降りかかるか分からないということをリアルに想像できる。

そんな中、国会で共産党の小池晃さんがフリーランスに対する補償について、しっかりと取り上げてくださいました。与党自民党は多様な働き方を推進とさんざん言いながら、フリーランスに限らず主流派以外は切り捨てとしか思えないような振る舞いが多いので、なんだか嬉しかったなぁ。ちゃんと私たちにも目を向けてくれる政治家がいるんだ、って。かたや、安倍総理はフリーランスがどういうものか理解すらしていないとしか思えない答弁。

スポンサーリンク


ただ、もしかしたら、フリーランス=夢追い人、不安定な立場と分かっていながら自由を優先した人、というように感じている人もいるのかもしれないなぁと思います。そういう人からしたら、自分は生活のために我慢すべきことを我慢して生きてきたのに、勝手に自由にしておいて苦しい時だけ政府を頼るなんて虫が良すぎる、という感じかも。

私がしている仕事は地味でかなり堅い仕事だし、クライアントも企業がメインで国の機関も。ですが、働き方としてはフリーランスが基本なんですよね。そのせいか、なぜか華やかなイメージを持たれます。子どもが3人いる友人は、働くためには子どもを預かってもらわなければいけないのに、まだ働いていないから子どもの預け先がない、というよくある問題に直面し、他に選択肢がなくフリーランスで働き始めました。フリーランスと一言で言っても、その実態はさまざま。

もちろん、厳しい道を覚悟して夢を追っているという人もいるでしょう。でも、だから手を差し伸べなくてもいいという話ではなく、そういう人たちが支えている業界や分野があることを忘れてはいけないと思うし、自己責任論が大きくなりすぎて何かに挑戦しずらくなる社会はあまりにも悲しい。

スポンサーリンク


今回のフリーランス/個人事業主に対する補償については、当事者以外は関心を持っている人は少ないかもしれませんが、こういうところにこそ政治家の姿勢が表れますよね。

フリーランスがどういうものかすら分かっていなかった安倍さんは、恐らくフリーランスのことだけでなく、その他の少数派や弱者の立場にいる人たちにも関心を持っていないでしょう。実際に、西日本で豪雨災害が起こったときも自民党は宴会をしていました。千葉が台風被害で苦しんでいるときには、組閣に邁進していました。今までのことを振り返ると、そりゃあフリーランスなんか目に入っているはずはないわ、と思います。

小池さんのように小さな声にきちんと気付いてくれる人たちが政権を担ってくれたら、もっと声の小さな弱者にも生きやすい世の中になるかもしれないのにね。

そもそも国の存在意義って、救済されるべき立場にある人にきちんと救済の手が差し伸べられることだと思うんですよね。普通の生活を送れる収入があって安全な生活ができるときはいい。だけど、誰もがいつその生活を失うか分からない。そんな時にセーフティネットとして社会が存在する。それがないなら、何のために国に税金を払っているのよって話です。

何が言いたいのか分からなくなってきたけど、支援を一番必要とするときに支援をしてくれそうな政治家を選ぶって大切だよね、そしてどの政党やどの政治家が大変なときに手を差し伸べてくれそうかっていうのは、こういうときに分かるよね、って話。

少なくとも私はこれからもそういう視点で政治や政治家を見ていきたいし、政治なんて遠い世界だと思っている人には、へーそんな見方もあるのねと思ってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しています。応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鶏じゃがとメルカリで嬉しかったこと

よく行くスーパーに最近、お買い得品コーナーができました。規格外品や安く仕入れることができた商品が置かれているんですが、そこで頻繁に見かける1袋100円の鹿児島県産の小さなじゃがいもが美味しくて。トマト …

無印良品のスチールユニットシェルフをキッチン収納と寝室の洋服収納に

スポンサーリンク 私は大学入学と同時に実家を離れてから約20年の間に10回ほど引っ越しをしています。転職や1回目の結婚・別居・離婚、再婚、仕事の関係…そして今回の夫の転職。引っ越し貧乏を地 …

確定拠出年金(iDeCo)とセゾン投信バンガード・グローバルバランスファンドの運用状況。利益はプラスも2020年は売却して現金化する予定。

スポンサーリンク 数年前から、毎月、確定拠出年金(イデコ)とセゾン投信の積み立てをしています。2019年は好調な相場のおかげで、私も利益を増やすことができました。 確定拠出年金は、2019年末現在、資 …

実家帰省は夫や妻にとっても両親にとってもホテル泊がベストだと思う

週末に1泊2日で広島県呉市の実家に帰省しました。毎年、お正月は混むので自宅で過ごし、成人の日がある週末に帰省しています。 私は1人でちょくちょく帰省しているんですが、新年の帰省はオットと2人で。でもね …

筑前煮と自宅で映画ナイト

筑前煮とかぼちゃサラダの晩ごはん。煮物はしみじみ落ち着きます。 多くの人が同じだと思いますが、私も家で過ごす時間が増えています。欝々としそうになるけど、せっかくなので後回しにしてきたことなどに取り組む …

管理人

プロフィール
管理人:カオル
関西某所在住。アラフォー世代、夫と2人暮らしです。シンプルライフを目指しつつも道のりはまだまだ遠い。海外からご近所散策まで旅行好き。ジョギング、土いじり、健康的な食生活に興味あり。

インスタには主に食べたものを記録しています。

ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

カテゴリー

最近のコメント