カフェイン中毒を脱するためにコーヒーをやめてみた!頭痛と眠気は離脱症状?便秘の解消で効果を実感

私は自宅で仕事をしており、基本的に1日中パソコンに向かっています。

同じような環境で生活している人にはよく分かってもらえることだと思いますが、その弊害が常に口さみしい気がして、だらだらと飲んだり食べたりしてしまうことです。

私の場合、特にひどいのは、1日中常にコーヒーが手放せなかったこと。その量、1日に約1リットル~1.5リットル。十数年前からです。コーヒーはもちろん好きなのは好きなんですが、大したこだわりがあるわけでもなく、ただただ惰性で飲んでいる感じでした。

コーヒー飲み過ぎじゃない?という思いはずっと頭のどこかにありながらも、寝る前にコーヒーを飲んでもすんなり寝付ける私はカフェインに強い体質なんだろうと思っていたし、毎日の習慣をやめるだけの強い動機も危機感もなかったので、ただずるずるとそんな生活を続けていました。

スポンサーリンク

カフェイン断ちのきっかけはコーヒーを切らしたこと

そんなわけで、今回のカフェイン断ちも大それた意思や決定的な動機があったわけではなく、ただコーヒーのストックを切らしてしまったからというささいなことがきっかけでした(^^;)

仕事が予想外の繁忙期に突入してしまい、買い物に行くどころか睡眠を確保するので精一杯。それでも無理して買い物に出ようかとも思いましたが、気まぐれに「そうだ、ちょうどいいきっかけだからコーヒーをやめてみようか」と思ったのです。

ひどい頭痛と異常な眠気に襲われた

全く予想していなかったのですが、その気まぐれな思い付きによってコーヒー断ちをしてみた結果、体調不良に陥りました。時系列で記録しておきます。

   *———*———*———*———*———*———*

【1日目】

最後に1杯分だけコーヒーが残っていたので、起き抜けにコーヒーを1杯飲む。いつもならその後に2杯目のコーヒーを入れて仕事を開始するところ、この日はルイボスティなどを。

午前中と午後の早い時間は、コーヒーが飲みたいなぁという思いは常にあるものの、体調に変化はなし。

夕方から軽い頭痛と眠気。

【2日目】

朝起きたときから軽い頭痛。ずっと頭痛と眠気が続き、昼食後は耐えられないほどの眠気に襲われ、1時間ほど昼寝。

それでもすっきりせず、鈍痛と眠気を何とかやり過ごしながら1日を終える。

【3日目】

朝から頭痛がするも、仕事は一段落したし、友人と約束していたので、ジョギングに。体がだるいわ頭が痛いわで、まともに走れない。

家に帰るといよいよ頭痛と眠気がひどく、座っているのもつらい状態だったので、布団に入る。目が覚めたら3時間後。頭痛が我慢できないほどひどくなり、数年ぶりに頭痛薬を飲む。

コーヒーどころか食欲もなし。

【4日目】

つきものが落ちたように、すっきり!

 *———*———*———*———*———*———*

最初は風邪かと思ったのですが、後で調べてみたら、頭痛と眠気はカフェインの代表的な離脱症状のようです。

他に風邪らしい症状も全くありませんでしたし、タイミング的にもやはりカフェインの離脱症状だったのかなと思います。

4日目にすっきり目覚めてからは、その前の3日間がうそみたいに体調不良はなくなりました。

カフェイン断ちで実感した効果

ほんの気まぐれで始めたことなので、何か効果を期待していたわけではありませんが、なんと嬉しい副産物がありました。

その1つが、便秘の解消!!

これは間違いなくコーヒーをやめたことによる効果でしょうと確信できるくらい、コーヒーをやめた途端にするりと出るようになりました(お食事中の方、スミマセン)。

私自身、コーヒーと便秘が関係あるなんて思っていませんでしたし、調べてみてもコーヒーは逆に便秘にいいという情報もコーヒーが便秘を悪化させるという情報もどちらも出てくるんですよね。

ただ、腸は自律神経の影響を受けやすいというし、個人的には後述する睡眠の変化もあり、もしかしたら今までコーヒーによって乱されていた自律神経がコーヒーをやめたことによって整ったおかげかな、と思っています。

そして、もう1つ実感した効果は、眠りが深くなったこと!

今までも寝る直前にコーヒーを飲んでも寝られていたので、まさか睡眠に変化があるとは思っていなかったのですが、どうも眠りが深くなっているようです。

というのも、夢を見なくなったんですよね。私はとにかくいつも夢を見ていて、寝言も本当に多かったらしいのですが、それがなくなりました。

コーヒーを常に飲んでいる生活があまりに長く続いていたので、毎日のように夢を見るのは生まれ持った体質だと思っていたんですが、どうやらそうではなかったらしいです。

どれだけ体が影響を受けていたかと思うと恐ろしい

それにしても、体からカフェインを抜くのに3日間もあれほど苦しんで、その後は便秘や睡眠で明らかに体調の改善を実感するとは、今まで私の体はどれほどカフェインの影響を受けていたのか…という話ですよね。

冒頭にも述べましたが、以前はコーヒーを飲むと眠れないという人の話を聞いて、「私は夜にコーヒーを飲んでも寝られるもんね。私ってカフェインに強い体質なんだわ」と思っていました。

いやいや、そんなことないよ、鈍くなっているだけだよ、と今なら思います。

コーヒーをやめた日から、2週間ほど経ちました。コーヒーは好きだし、仕事のときは心強いのは確かなので、もう一生飲まないぞ!とは思っていません。

ただ、カフェインの影響をこれほど実感してしまった以上、コーヒーが飲みたいという欲よりも今までのように無制限に飲むことに対する恐怖心の方が大きくなりました。

これからは、1週間に3日ほど特に仕事が忙しい日があるので、その日は朝食後か昼食後に1日1杯飲むのと外食時はOKというルールで、うまくコーヒーと付き合っていければと思っています^^

コメント