【久高島】那覇から安座真港までバスでアクセスするには?詳しい行き方を解説

友人と石垣島で分かれた後に一人で那覇に向かったのは、久高島に行きたかったからでした。

久高島は、沖縄本島東南端に位置する知念岬の東海上5.3kmにある島で、南城市知念の安座真港(あざまこう)から船が出ています。

那覇から安座真港へのアクセスは、車かバスになります。私はバスを利用しましたが、車でも40分くらいかかる距離。バスでは1時間弱かかり、乗り換えはないとはいえ、少々不便でした。ただ、その不便さを押してでも行く価値はあるよ!と断言できるので、私と同じようにレンタカーを借りずにバスでアクセスされる方に向けて、安座真港までのバスでのアクセスを紹介します。

スポンサーリンク

那覇バスターミナルからバスに乗車


(バスターミナルは2018年に新しくなったばかりなので近代的できれいです)

安座真港に行くためのバスは、沖縄最大のバスターミナルである那覇バスターミナルから発着しています。那覇バスターミナルは、モノレール(ゆいレール)旭橋駅の目の前という便利な場所にあります(旭橋駅は那覇空港駅から約10分)。

ちなみに私は、朝が楽なように、前日はバスターミナルから徒歩圏内かつ国際通りに行くのにも便利な県庁前駅近くのホテルに宿泊しました。
関連記事 【那覇宿泊】ホテル ロコア ナハの口コミ・レビュー。沖縄料理が楽しめる朝食バイキングが幸せ過ぎた。県庁前駅近く&国際通り入口でアクセスも抜群

バスは、「路線 38番・志喜屋線」に乗り、「安座真サンサンビーチ入口」というバス停で降りてください。

時刻表は以下のリンクから 38番線のものを選んで確認してくださいね。だいたい1時間に1本くらいあり、料金は片道780円です。

関連サイト  東陽バス株式会社 時刻表

バスターミナルでは、38番線は、7番乗り場となっていました。

下の写真だと、左側が旭橋駅なので、7番乗り場は駅から一番近い場所です。

バスが来ましたよ~時間通りに出発です。

いたって普通の路線バスですね。この日は1月末の平日という観光客が1年でもかなり少ない日だと思われる日で、乗客は私の他に3人だけでした。その3人は全員が一人旅の観光客という感じで、やはり皆さん久高島に向かいました(行きのフェリーも帰りのフェリーも一緒だったし、久高島をレンタサイクルで回っている間にもちらほら見かけたりしたので、最後には勝手に親近感を感じたりしてw)

乗車時間は1時間弱くらいだったのですが、特にきれいな景色が見えたりするわけではないので、暇といえば暇かもしれません。私は知らない街を眺めているだけで結構楽しめるタイプなので平気でしたが^^;

とにかく、1時間近く座っていれば安座真港の最寄りのバス停「安座真サンサンビーチ入口」に到着です。時間はかかるし本数がそれほど多くないので不便ではありますが、乗っているだけなので複雑ではありませんね。

バス停から港は徒歩5分

さて、バスを降りたら、あとは安座真港まで5分ほど歩くだけです。

バス停のすぐそばの三差路を右に海方面に曲がります。

曲がるとすでに向こうにはエメラルドグリーンの海が!ここを突き当りまで歩きます。

突き当りを再び右に。

少し歩くと見えてくるこの建物があるのが、安座真港。

バス停を降りてしまえば、あっという間ですね。

まとめ

久高島行きのフェリーが出ている安座真港にバスで向かう場合、

那覇バスターミナル
↓(路線 38番・志喜屋線のバスで1時間弱)
安座真サンサンビーチ入口
↓(徒歩5分)
安座真港

となります。

那覇市街からは少し離れているので、特にレンタカーを利用しない場合はハードルが高く感じるかもしれませんが、バスとフェリーの時間をしっかりチェックさえしておけば、決して行き方が複雑なわけではありません。

冒頭の写真は、久高島行きのフェリーから撮った写真です。こんな絶景に出会える島に、ぜひ行ってみてください^^

コメント