大阪から広島へ高速バスのWILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)で移動したのでレビュー。時間、料金、車内の様子、休憩、買い物など

このブログを見てくださっている方は、もしかしたら「大阪在住って言いながら、やたらと広島の記事が多くない?」と思われているかもしれませんが、実際のところ、かなり頻繁に広島に帰省しています。昨年なんて、母のことがあったので、1年の3分の1くらいは広島で過ごしたんじゃないかな。

そして、こんなふうに行き来が多くなると、必然的に新幹線代が負担になり、今ではすっかり高速バスのヘビーユーザーになりました。

スポンサーリンク

大阪・広島間の高速バス

大阪・広島間では、WILLER、JRバス、JAMJAM LINERが高速バスを運行しています。WILLERとJRバスは昼便と夜便の両方、JAJAM LINERは夜便のみとなります。

所要時間は便によりますが、大阪/梅田から広島駅まで大体5時間~7時間(止まるバス停の数によってかなり違いがあります)。

料金は、閑散期で4~5千円くらい、繁忙期だと6~7千円くらいです。新幹線だと新大阪駅から広島駅まで片道10,440円かかるので、安い便だとほぼ半額!毎回往復で1万円くらいの差が出るので、年間ではかなりの節約になっているはずです。

やはり高速バス大手のWILLERが座席や設備もしっかりしていて快適なので、私はいつもWILLERを利用しています。WILLERだと便もたくさんあるし、最後列を選べたり便によっては隣が必ず空席になるようなプランを選べたり、やはり圧倒的に人気があるだけあります。

▶ WILLERの高速バス 大阪⇔広島

私が今回乗ったのは、

金曜日
WILLER EXPRESS J1312便
12:45 大阪梅田発 - 18:30 広島駅南口着

のバスでした。

以下に詳しくレポートしていきます。

12:45 大阪梅田を出発

WILLERの場合、大阪/梅田での高速バスの発着所はWILLERバスターミナルとなります。

このバスターミナル、空中庭園で有名な梅田スカイビルにあります。微妙に中心地から距離があるのが残念。大阪駅/梅田駅からは徒歩10分ほどかかります。

ただ、観光の場合は、夜にスカイビルの空中庭園で夜景を見て、そのまま夜行バスで移動するというのもありだし、バスターミナルにはWILLERが運営しているカフェがあるので、どこも人混みだらけの梅田中心部に比べてバスの時間までゆっくりしやすいというプラスの面もなきにしもあらずです。

そんなスカイビルのタワーイースト1階にあるバスターミナル。近代的でおしゃれな感じです。バスターミナルって、結構古臭い感じのところが多いのに(失礼)。

京都など、大阪の前からすでに乗車している人は、大阪/梅田の出発時間になるまで、ここでトイレ休憩を取ることができます。

バスはこのビルの隣のバスプールに停車しているので、ここから乗車。

それでは、乗ってみましょう。

車内の様子

私が乗った便は、ゆったり4列シートのバス。確かに昔のバスに比べたら段違いのゆとりで快適。高級ソファみたいな座席ですよね。

隣の人との境には高めの仕切りが設けられているのもよし。位置を調整できるピローと、顔を完全隠せるカノピーも付いています。

コンセントも各席に装備されているので、この日はPCで仕事をしているサラリーマンらしい人もいました。

バスは40席あり、この日は私を含めて18人乗っていました。つまり、隣には誰もいない!こうなると隣に荷物が置ける分、1席1席が独立した3列シートよりもむしろ快適なくらいですね。

私はいつも平日の昼間に移動しますが、今まで90%くらいの確立で隣に人がいませんでした。

13:45 1回目の休憩@三木サービスエリア(兵庫県)

12:45に大阪を出発してからちょうど1時間後、兵庫県ミキサービスエリアで1回目の休憩です。

三木サービスエリアについては、こちらの記事をどうぞ
関連記事 山陽自動車道(下り)の兵庫・三木サービスエリアはどんな感じ?スタバ&ドッグラン&ロッテリアあり

休憩は20分。トイレに行って、お土産も見たいし、個人的には休憩はこれくらいが理想的です。

私はバスで食べるおやつとして神戸プリンとコーヒー、友人へのお土産として大阪ハニーカステラをゲット。

みんな何か買いたくなるのは同じなのか、休憩後しばらく、車内には揚げ物の匂いが漂っていました^^;

参考までに、サービスエリアに張り出されていた人気のお土産ランキングは、
1位:丹波黒大福
2位:神戸プリン
3位:京ばあむ
となっていました^^

15:25 2回目の休憩@吉備サービスエリア(岡山県)

1時間後、バスは2回目の休憩です。こちらも20分間

県をまたぐと扱っている商品ががらっと変わるのが面白い。というわけで、私は再び買い物を。実家へのお土産に備前黒牛と桃太郎ねぎの肉味噌を購入しました。

三木サービスエリアもそうでしたが、高速バスがとまるのは大型のサービスエリアなので、夜行バスでない限り、お土産は途中で調達するつもりでいても問題なさそうです。

17:25 3回目の休憩@小谷サービスエリア(広島県)

2回目の休憩後、少しですが工事渋滞に巻き込まれました。そのせいで少し遅れていたのかな?3回目の休憩は、17:25~17:35の10分だけでした。

もうお土産も買いましたしね、トイレだけ行っておとなしくバスに戻りました。

18:30 広島駅南口到着

そして1時間後、広島駅前に到着です。

うとうとしていたので定かではありませんが、広島市内に入ってからはやや渋滞気味だったような。それでも定刻ぴったりの18:30に無事に到着しました。

バス停は広島駅から徒歩3分くらいのところにあります。

大阪梅田を出発してから5時間45分。しんどいと言えばしんどいかもしれませんが、座席が快適なのと適度に休憩があるので、意外と平気です。私は道中は本や仕事の資料を読んで過ごすことが多いです。

寝ている人や携帯やタブレットで映画を見ているふうな人もいました。映画なら2本くらい見ている間にあっという間に着いてしまいますよね。

バスで6時間かけて移動するというとゲンナリしそうですが、例えば積ん読本を片付ける時間!というふうにバスでの過ごし方を決めてしまえば、それはそれで有意義な半日かもしれません。新幹線に比べて大幅な節約にもなりますし。

時間に余裕がある人は、高速バス、案外おすすめです。

▶ WILLERの高速バス 大阪⇔広島

コメント