東北旅行1日目:仙台空港着 → 弘前さくらまつり@弘前公園 → 大秋温泉ブナの里白神館に宿泊

東北旅行1日目のメインは、「弘前さくらまつり」です。

前日に私が広島の実家に帰り、母と一緒に出発することにしたので、旅の始まりは広島空港から。そうなると、青森に行くには飛行機を大阪か東京で乗り換えるか、仙台まで飛行機で行って仙台から新幹線で北上するかの主に2つのルートになります。今回は後者にしました。仙台まで飛行機で行き、新幹線で青森へ、そこから観光しながら徐々に南下し、仙台からまた飛行機で広島に帰るというコースの3泊4日旅行。今回の記事はその1日目です。

スポンサーリンク

雨の弘前さくらまつり、でも昼も夜も美しかった

仙台空港に到着したのは、11:30。夕方には弘前城に着きたかったので、お昼ごはんは新幹線の中で食べられるように広島から用意していきました。なので、脇目も振らず、電車の駅へ。

仙台空港駅から仙台空港アクセス線で仙台駅、仙台駅から東北新幹線で新青森駅、新青森駅から弘前駅までJR奥羽本線という具合に移動しました。12時頃に仙台空港駅を出発し、弘前駅に着いたのが16時前

弘前駅から弘前公園までは、土手町循環100円バスで10分くらい(10分ごとに運行されているよう)。さくらまつり期間中なので混雑を覚悟していましたが、ゴールデンウィークに入る前の平日だったこと、夕方だったことから、混雑もなく。ちらほら立っている人がいる程度でした。

さて、そんなわけでスムーズに弘前公園に到着。

今年(2018年)は全国的に異常なほど桜の開花が早いということでずいぶん話題になりましたが、母と私の場合はそのおかげで満開の桜を楽しむことができました。例年はゴールデンウィークに入ってからが見頃となるようですが、4月24日のこの日、さくらまつりの公式開花情報でも、ちょうど園内、外濠、西濠、桜のトンネルが満開だったとのこと。

惜しむべくは雨だったことですが、こればかりは仕方ありませんね(晴れていたら天守閣と岩木山のコラボレーションが見たかった!)

ぐるりと公園を一周した後、天守閣のある有料エリアに入りましたが、その頃には日も傾き始め、最後は少しライトアップも楽しむことができました。

これまで色々なところで桜を見てきましたが、いやはや圧巻ですね。

さくらまつり期間中は、いつもは夕方までしかない土手町循環100円バスが夜も運行されているとのことで、疲れながらも満足して弘前駅に戻りました。

夕食はパークホテルの「わらび」で

時間が読めなかったため、この日の宿泊は朝食のみのプランを予約していました。駅に戻ったのが19時頃だったので、駅周辺で夕食にしようと思ったんですが、食事をできそうなところが見つからない^^;

そこで、パークホテルのレストランがいくつかガイドブックに載っていたので、とりあえずパークホテルに行くことに(タクシーで片道660円でした)。

結婚式もできるようなわりと大きなホテルでした。

津軽三味線のライブと郷土料理を楽しめるようなレストランもありました(津軽三味線ダイニング 響)が、母が疲れていたので、「わらび」というお店でさくっと。ホテル内にもかかわらず居酒屋のようなスナックのような不思議な雰囲気でしたが、郷土料理は豊富にそろっていました。

注文したのは、ガイドブックにも載っていた「じゃっぱ汁定食」。じゃっぱ汁に「けの汁」と小鉢が付いてきます。

東北の料理に馴染みのない私からしたら、汁物に汁物を合わせるのが妙な感じがしますが、丁寧に作られているのが分かりましたし、味も美味しかった。

ただ、私は西日本にしか住んだことがないので、全体的に味は濃いような気がしました。それはこのお店に限ったことではなく、旅行中はホテルも含めてどのお店でもそう感じたので、地域の差でしょうね。なんだか常にのどが渇いていた気がします(笑)

「わらび」食べログ

宿泊は「大秋温泉ブナの里白神館」

さくらまつり期間中は、とにかくホテルの空きが見つからず、あっても通常期間よりもかなり料金が高く設定されているところばかり。

それならばと、弘前の中心街からは距離があるものの、値段もかなりお手頃で、とにかくレビューと口コミが良かったこちらの温泉宿にしました。

弘前駅からタクシーで30分、5,000円ほどかかりましたが、ここは本当に良かった!

こんなに気持ちの良い温泉に入ったのはどれくらいだろうと思うくらい、気に入ったお風呂。露天風呂もなく決して豪華ではありませんが、急に冬に逆戻りしたような気温と雨で冷え切った体が朝までぽかぽかでした。有名な温泉町で生まれ育った母も驚いていたくらいです。

弘前公園からは見ることができなかった岩木山も見ることができて満足。自然にすっぽりと包まれた中で過ごす贅沢な夜でした。

往復1万円ちょっとのタクシー代を含めても、さくらまつりで割高になった中心街のビジネスホテルより値段もお手頃。大正解だったと思います。

こちらは翌朝の朝食。

2日目に続きます。

関連記事 東北旅行2日目:青森駅周辺の半日観光(ねぶたの家 ワ・ラッセ、青函連絡船 八甲田丸、A-FACTORY)→一関に宿泊

関連記事 60代の母と東北(弘前・青森・平泉・松島)3泊4日旅行に行ってきました^^

コメント