呉市・野呂山で夕日と朝日を見てきた。「かぶと岩展望台」と「星降る展望台」について

1つ前の記事で書いた通り「国民宿舎野呂高原ロッジ」に泊まってきたわけですが、ロッジは山の中にあるので、チェックインしてしまえば、良く言えばゆっくりできますが、悪く言えば結構ヒマです。

関連記事 呉市・野呂山の「国民宿舎野呂高原ロッジ」に宿泊した感想・レビュー

その中で唯一前もって計画していたのが、夕日と朝日を見ること。

野呂山山頂には「かぶと岩展望台」「星降る展望台」という2つの展望台があって、どちらも山から瀬戸内の絶景を望むことができ、なかなか良いらしいと聞いていたんですよね。初日の出スポットとしても人気です。

スポンサーリンク

車はビジターセンターに停めるのがおすすめ

野呂山に上がると、「ビジターセンター」という総合案内所のようなところがあります。研修室や交流センターもある大きな施設で、かなり大きな駐車場も備えています。

ビジターセンターから、かぶと岩展望台までは徒歩7分くらい、星降る展望台までは徒歩15分くらいでした。

どちらの展望台も車で行けないことはないのですが、どちらも道が細く、特に星降る展望台に続く道は一部舗装されていない箇所があったり、電灯もガードレールもありません。かぶと岩展望台に行く道は星降る展望台よりはマシですが、かぶと岩展望台には2台分しか駐車場はありませんでした。

これは星降る展望台に通じる道です。夜は本当に真っ暗。

夕日や朝日、星空を見に行く場合は暗い中を運転することになるでしょうから、少し歩くことになっても、車はビジターセンターに停めることをおすすめします。

「星降る展望台」で夕日を

星降る展望台は、その名の通り、満点の星空を楽しむことのできる展望台です。星座の解説板もありました。特にここできれいに星が見えるのは、周りに明かりがないがゆえ…

本当は星空も見たいと思っていましたが、その明かりがないがゆえに展望台までの道が本当に真っ暗で怖すぎ、夜に星を見に行くのはあきらめました。

その代わりに、星降る展望台では夕日を堪能。

展望台は南に向いているので、右側に太陽が沈んでいきました。少し山にかかってしまいましたが、オレンジ色の夕日がばっちりきれいに見えました。

この左側には、瀬戸内海と瀬戸内海に浮かぶ島々。写真ではうまく撮れなかったので写真はありませんが、その景色がオレンジ色に染まる様子はとても幻想的でした。

「かぶと岩展望台」で朝日を

かぶと岩展望台では、翌日に朝日を見ました。

日が昇る10分ほど前に到着しましたが、すでに何組か日の出を待っているカップルや家族、カメラ好きと思われる人がいました。1月の極寒の中!

そして、震えながらその時を待って、ようやく。

実は直前まで空が厚い雲に覆われていたんですが、朝日が昇る瞬間にはタイミングよく雲が途切れてくれました。

思わず手を合わせてしまうほどの神々しさ。

こんなふうに大パノラマの絶景の中で朝日を見れるところは、そうありませんよね。寒空の下、待ったかいがあるというものです。

私は瀬戸内海のそばで育ったので瀬戸内海の景色は子どもの頃から見慣れていますが、それでもこういう景色を見ると感動してしまいます。

いつも帰省中はばたばたと時間が過ぎてしまうので、ゆっくりと景色を楽しむということはなかなかありませんが、たまにはいいものですね。

地元再発見の良い機会でした。

関連記事 呉市・野呂山の「国民宿舎野呂高原ロッジ」に宿泊した感想・レビュー

コメント