広島「かき小屋 呉店」@ポートピアパークに行ってきた!メニューや焼き方、服装など

冬の味覚と言えば、牡蠣!
今年も牡蠣小屋で炭火焼きの新鮮な牡蠣を味わってきましたよ。

昨年は呉駅近くの「海軍さんの麦酒館」に行きましたが、今年は呉市天応にある「ミルキー鉄男のかき小屋 呉店」をチョイスしてみました。

関連記事 冬の呉観光におすすめ!地ビールを飲める牡蠣小屋に行ってきました

今年(2018~2019年冬季)は、2018年に発生した西日本豪雨の影響により、呉店は営業していないようです。

そのため、この冬は宇品店の方に行ってきました。この冬に牡蠣小屋に行くのを検討されている方は、よろしければ、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

「ミルキー鉄男のかき小屋 呉店」の基本情報

営業時間:11:00~17:00(オーダーストップ16:00)
定休日:火曜日・水曜日(祝日の場合営業)、年末年始
所在地:呉市天応大浜3丁目3-3内(呉ポートピアパーク東端)

アクセスは、JR呉線「呉ポートピア駅」から徒歩3分。
「呉ポートピア駅」は広島駅と呉線の間にある駅で、広島駅からは30分、呉駅からは15分ほどです。

車の場合は、呉ポートピアパークの無料駐車場を利用できます。

実際に行ってきました

駅から出るとすぐに「呉ポートピアパーク」という大きな公園になっています。
この公園を端までてくてく歩くと

ありました!
このやっつけ感、テンションが上がります^^

建物は手前と奥の2つに分かれています。

手前の建物に入口があり、入ると食材が並んでいるので、まずはここで食材を選びましょう(後で追加購入することもできます)。

もちろん、真っ先に選んだのは、主役の牡蠣!
新鮮で大きな殻付き牡蠣が1皿1000円!!!
1皿に10個以上入っていましたよ。
ひゃっほーヽ(≧▽≦)ノ

海鮮は他にもホタテやイカ、エビなどがありました。
また、厚切りベーコンやウィンナー、じゃがバターなどもあるので、海鮮がそんなに好きではないお子さんなども楽しめそうですね。

食材を選んだら、レジを済ませ、店員さんの案内に従って隣のテントの建物に移動します。

来たーヽ(≧▽≦)ノ

牡蠣小屋は美味しい牡蠣もさることながら、この雰囲気がいいですよね。

この日は開店と同時に入ったので、私たちが一番乗りでした。

すでに火はつけてくれているので、さっそく牡蠣を焼きます。
焼き方は、この説明書きの通り。

とはいっても、最初にちゃんと説明してくれますし、焼き始めてからもあれやこれやとスタッフのおじさまたちが世話を焼いてくれます^^
まるで親戚の家に来たような(笑)いいなぁ、こういう感じ。

そんなわけで、大して器用でもなくアウトドア能力に優れているわけでもない私たちでも、バッチリ美味しく焼けました。ぷりっぷり♪♪

広島らしく、アナゴ飯も一緒に(400円)。

もちろんビールで乾杯ヽ(≧▽≦)ノ 最高ヽ(≧▽≦)ノ

服装のこと

そこまで心配することはありませんが、大切な一張羅を着て行かないこと。

というのも、結構、灰が散るんですよね。
牡蠣がパンッとはじけ、それとともに灰が舞うということが時々起こります。

写真のようにエプロンと軍手を貸してくれますが、袖は剥き出し。

ほんのちょっとでも汚れたらショック、と思うような服は着て行かないに越したことはないでしょう。

帰りは海辺を散策

呉ポートピアパークは海に面しています。

ですから牡蠣小屋の帰りは海を見ながら、しばし休憩タイム。

新鮮な海の幸をたらふく食べて、午後の日差しを浴びながら瀬戸内海を眺めて…
観光地を巡る旅も良いですが、こんな過ごし方もたまにはありかもしれません^^

コメント