広島・神石高原町の恋愛パワースポット「幸運仏」様にお会いしてきました

ナマズ料理を食べた後には、神石高原町の恋愛パワースポットとして名高い「幸運仏堂」に向かいました。

アクセスは少々不便ですが、素朴ながら地域の人たちの愛と温かいエネルギー、多くの参拝客の祈りの力を感じることができ、行って良かったスポットです。

スポンサーリンク

幸運仏堂の基本情報

幸運仏の始まりは、ある道路工事。
工事中にたまたま2基の五輪塔が発掘され、地元の人たちが夫婦のお墓に違いないと考え、供養したそう。すると、地域で続々と結婚話が持ち上がり、この五輪塔は「幸運仏」様と呼ばれるようになり、恋愛のパワースポットとして遠方からもたくさんの参拝客が訪れるようになったそうです。

アクセスは少々不便なんですよね。
自動車の場合は、福山東ICから約50km(約70分)または東城ICから約30km(約40分)。
公共交通機関を利用する場合は、福山駅から中国バス「東回り東城線」に乗り、バス停「油木停留所」で下車、タクシーで約20分。

私は車で行きましたが、地図を見て想像していた細い道ではなく、しっかりと整備されていたので、それは一安心でした。駐車場も完備されています。

水曜日が定休日とのことですが、接遇所が開いていないだけで、参拝自体は可能とのこと。

実際に行ってみました

上の写真のような山道を走り、無事にたどり着きました。

「幸運仏」の標識と赤いのぼりがなければ、大きな民家か集会所か何かと勘違いしてしまいそうですが、さすが恋愛パワースポット、大きなハートがお出迎えしてくれました(写真の右側、石垣の上に注目!)

写真には写っていませんが、白い「幸運仏」の標識手前の道を左側に進んだところが駐車場になっています。

車を停めて坂を上がると、左に接遇所、その右隣にお堂がありました。

なんだか、懐かしい感じがしませんか?
観光化されすぎず、ノスタルジックで温かい。「地域の人たちの手で」というのが、良い意味でしっかりと感じられ、とても心が穏やかになる空間でした。

平日に行ったこともあり、他に参拝していた人はいませんでしたが、お堂の入り口にはたくさんのハート形の絵馬が掛けれており、訪れる人の多さがうかがえました。

看板に書かれていた情報によれば、特別祈願もお願いできるよう。

手を合わせた後は、なんと接遇所の方がお茶をご馳走してくださり、どこまでも心温まる時間を過ごさせていただきました。

地域の人たちに大切に大切にされている仏様。
決して派手な観光スポットではありませんが、行って良かったとしみじみ思う場所でした。

関連記事 広島・神石高原町の油木百彩館「なまず料理レストラン」に行ってきました

コメント