カバーマークのコンシーラー、口コミ&レビュー。超優秀なカバー力でシミからそばかすまで何でも隠せる救世主!?

30代、40代といえば、お肌の悩みが尽きませんよね。

私は昔から吹き出物が出やすい体質だったのですが、30代になってからは吹き出物の跡が色素沈着してしまうという悩みが新たに加わりました><。

とはいえ、一通り気になる化粧品も試したし、もはや諦めるかレーザー治療にステップアップするしかないのか…

そんなことを考えていたとき、まさに救世主となるコンシーラーに出会いました。
それが、こちらのカバーマークの部分用ファンデーションです。

スポンサーリンク

アザや傷跡を隠すための化粧品から始まったカバーマーク

カバーマークのコンシーラーとの出会いは、60代の母でした。

母の趣味は畑仕事。健康的でとても良い趣味なんですが、実は美容には大敵。容赦ない紫外線を長年浴びてきた母の顔には、たくさんのシミがあり、一番大きなものは直径5cm近くもあるのではないかというほど。

そんな母がある日、「傷跡を隠すために開発された化粧品があるんだって。インターネットで注文してくれない?」と。

そうして届いたコンシーラーを使った母を見て、その効果に私も母に負けず劣らず感激し、すぐに自分用も購入した次第です。

ビフォー&アフター

百聞は一見にしかずということで、さっそく写真でそのカバー力をご紹介。

この大きな濃いホクロに塗布してみましょう。赤い矢印で示したところです。

この立派なホクロが…じゃじゃーん

こうなりました。

もちろんコンシーラー以外には何も塗っておらず、コンシーラーをぽんぽんっとのせただけで、この状態。ぱっと見ではほとんど分かりませんよね!

濃いホクロでこれですから、顔のシミやソバカスは余裕で隠れました。しかも、顔はこれにさらにファンデーションを塗りますからね。

もちろん化粧を取ってしまえば現実に引き戻されるわけですが、あんなに気にしていた吹き出物の跡が嘘みたいに気にならなくなりました。

そして、肌の色ムラがなくなったら、急に若返った気がするような…まぁこれは木のせいかもしれませんが(笑) 一日の気分が全く違うことは間違いありません。

スティックタイプなので不器用でも大丈夫

キャップを開けるとこんな感じです。

口紅くらいの硬さかな?

これを直接カバーしたい部分に付けた後、指で馴染ませます。

自他ともに認める不器用な私でもこれで違和感のない仕上がりになっているので、誰でも簡単に使いこなせるはず。

スティックから直接塗布してもファンデーションに自然に馴染むよう、チクソトロピー性(揺変性)を高めているとのこと。

いくらカバー力があっても、誰でも手早く簡単に使いこなせなければ意味がありませんからね。その点もしっかり意識して開発されていることがよく分かります。

最後に

たかが化粧。されど化粧。気にしていた欠点を克服できただけで、こんなにも一日を幸せな気分で過ごせるものなんだなぁと、化粧の威力を改めてしみじみと感じています。

「肌の外見を変えるだけではなく、心の苦痛も取り除く」

というカバーマーク化粧品。

それこそまさに化粧品の究極の存在意義であり、化粧品が私たち女性に与えてくれる最高の力ですよね。

傷跡やシミ、ソバカスなどで悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

カバーマークって、私が知らなかっただけで、美容好きの女性の間では有名なブランドのようですね。コンシーラーの次はファンデーションも使ってみて、すっかり惚れ込んでいます。

コメント