香川・高松の有名店「手打十段 うどんバカ一代」で「窯バターうどん」を食べてきた。休日の混雑・行列状況は?

今年のゴールデンウィークは、四国に行ってきました!
毎度のことながら香川では何軒かうどん屋さんに行ったのですが、今回は普通のうどんには早々に飽きてしまい、変わり種にも挑戦しました。

それが「手打十段 うどんバカ一代」の「窯バターうどん」。
さすが有名店の人気メニューだけあってなかなか美味しかったので、紹介します。

スポンサーリンク

「手打十段 うどんバカ一代」の基本情報

営業時間:6:00~18:00
定休日:元日
住所:高松市多賀町1-6-7

アクセスは、電車なら琴電長尾線「花園」駅から徒歩5分、琴電各線「瓦町」駅から徒歩10分ほど。

駐車場は数カ所に分かれて30台分くらいあります。
店舗すぐ横の駐車場はいっぱいだったので、私たちはコインパーキングに停めました。
周囲をぐるりと回ったらいくつかコインパーキングがあったので、車を停めるのには困らないと思います。料金も30分100円と良心的でした。

ゴールデンウィークの混雑状況

私たちが行ったのは、2017年5月3日。
2017年のゴールデンウィークは、カレンダー上では5月3日(水)~5月7日(日)までが5連休ですが、その初日です。

到着したのは 午前9時30分。上の写真がその時の様子です。
入店したのが10時20分だったので、待ち時間は50分でした。

回転が早いので、並んでいる人数のわりには待ち時間はマシかもしれません。

「窯バターうどん」は、まるで和風○○!

今回のお目当ては、人気No.1だという「窯バターうどん」。小(1玉)で490円です。
店内にはうどん屋にもかかわらずバターの匂いが漂っており、注文するお客さんがいかに多いかがよく分かります。

ぶっかけなど他のメニューは注文してすぐに受け取っていましたが、窯バターうどんは注文すると生卵と醤油を渡された後、少ししてから番号を呼ばれ、取りに行きます。

じゃじゃーん!来ました来ました♪

黒コショウが振りかけられ、バターの塊が乗せられています。

これに生卵を割入れ、醤油をたらり。
「醤油は1~2回しくらいかけてくださいね。かけすぎないように注意してください」とのこと。

そして、ぐるっと混ぜて、いざ実食!

口の中に入れた瞬間、「あっ、カルボナーラ」。
コシのある麺とピリッと効いたコショウ、程よい量のバターが絡み合い、絶妙にマッチ。
濃厚なバターと力強い麺が喧嘩することなく、不思議ですが、すごくなじんでいました。コショウもいい仕事をしてる!

一口目から最後まで、全く飽きずに完食です。

決して奇をてらったメニューで話題を集めるというのではなく、新しいうどんの食べ方の提案なのだなぁと実感。定番メニューを差し置いて人気No.1なのも納得でした。

おまけ

もちろん、定番メニューの美味しさは言うまでもなく。
外れのない美味しさです!

 

関連記事 うどん以外の香川グルメ!丸亀市の一鶴(いっかく)本店で骨付鳥を食べてきた。休日の混雑・行列状況は?

コメント