【広島土産】もみじ饅頭で有名なやまだ屋の「桐葉菓」(とうようか)が絶品でおすすめ!

広島の銘菓といえば、もみじ饅頭が真っ先に挙げられますが、それだけではありません。

もみじ饅頭の老舗「やまだ屋」さんの「桐葉菓」(とうようか)という和菓子。
これが絶品なんです!

私も広島に帰省するたびに購入しています。
お土産に使っても感動されることが多く、また地元でもよく食べられていますよ。

スポンサーリンク

桐葉菓(とうようか)

さっそく開けてみましょう。

座布団をイメージしたという四角形。上田家の家紋である「陰上田桐」が焼き印として押されています。

割ってみると、生地のモチモチ感が伝わるでしょうか。
そう、これが桐葉菓の一番の特徴です。

もみじ饅頭のカステラのような生地とは全く違う、しっとり感。
糯粉(もちこ)が使用されているそうです。
他にはない独特の食感がクセになるんですよね。

中は小豆餡で、少し小豆粒が残った半こし餡といった感じです。
甘さは控えめで、これだけたっぷり餡が入っているのに全くしつこくありません。

生地のモチモチと餡のバランスが絶妙なんです。

全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞しているそうですが、「うんうん、分かる~!」と納得の美味しさ!

同世代から年配の方まで誰に渡しても評判が良くかなり喜ばれるので、最近は帰省時のお土産としてだけではなく、インターネットで購入して手土産やお持たせにも利用しています。

もみじ饅頭以外の広島土産を探されている方、世代やシーンを選ばず使えるお菓子を探されている方、新しいスイーツを開拓したい方、ぜひ一度「桐葉菓」を食べてみてください^^

コメント